一言,言わせて頂戴

己の疑問・不満・怒りを徹底的に追及
 
 
Links
フリーエリア
Recent entries
Recent comments
Recent Trackbacks
Categories
QRコード
QRコード
# of visits
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横審に最終決定権も協会内の「綱」固まる…千秋楽待たず綱誕生へ動き出るのは異例 

◆大相撲初場所 14日目 ○稀勢の里(寄り切り)逸ノ城●(21日・両国国技館)

 東大関・稀勢の里(30)=田子ノ浦=が悲願の初優勝を達成した。西前頭13枚目・逸ノ城(23)=湊=を寄り切って13勝目。1差の2敗で追う東横綱・白鵬(31)=宮城野=が結びの一番で敗れ優勝が決まった。2011年九州場所後の大関昇進から31場所目の初Vは歴代1位のスロー記録。二所ノ関審判部長(元大関・若嶋津)は横綱昇進を諮る臨時理事会招集の要請を示唆。1998年夏場所後の3代目若乃花以来、19年ぶりの日本出身横綱誕生が現実味を帯びてきた。

稀勢の里の横綱昇進は23日の横綱審議委員会(横審)で決まる。審判部が臨時理事会の招集を八角理事長に要請することで、相撲協会内で横綱に昇進させる方針は固まった。初優勝にもかかわらず、千秋楽を待たずに横綱誕生の動きが出るのは異例といえる。平成以降は2場所連続優勝という横審の内規が厳格化。鶴竜以外は連覇で昇進しているだけに、稀勢の里への期待と評価がうかがえる。

 横審で出席委員の3分の2以上の賛成が得られれば「横綱・稀勢の里」が誕生する。ただ、過去には94年秋場所後の大関・貴ノ花(当時)など合計4例が、規定を満たさずに見送られたことがある。最終的な決定権は、あくまで横審にある。(相撲担当キャップ・網野大一郎)

横審に最終決定権も協会内の「綱」固まる…千秋楽待たず綱誕生へ動き出るのは異例

今場所の優勝は他力本願だよね。昨年の年間最多勝程度で横綱昇進って何の冗談かな?
大関昇進とはレベルが違うんですよ。

スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://murcusmurcus2.blog12.fc2.com/tb.php/506-90e74739
アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策




楽天
Advertisement#2
ブログ内検索
RSSフィード
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
バックナンバー
ブロとも申請フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。